本文へスキップ

歯科医師も勧めるフッ素で虫歯予防。

虫歯とフッ素

弱い乳歯を守る

お菓子→虫歯→歯医者?/弱い乳歯を守る

歯が生えて間もない頃は歯の成長もまだまだ未熟なため、虫歯の原因となる菌の出す 酸にいとも簡単に幼い歯は溶かされてしまいます。 溶かされると穴が開いてしまい虫歯になるのは時間の問題です。 特に乳歯は永久歯よりも格段に弱いため、子供の虫歯の進行は大人に比べてはるかに 早いと歯科医師はことあるごとに言います。 大人になって永久歯が完璧に成長したら、子供の歯よりも虫歯になりにくく丈夫で 長持ちすることは皆さん自身の体験からもお気づきでしょうが、乳児や幼児のまだ 成長しきっていない乳歯はとても脆いのです。 なのでこの時期は念入りに歯磨きをしたりうがいをしてお口の中を清潔に保つことに 努力するべきなのですが、じゃあ成長してる私はもう気をつけなくてもいいのか、 と丈夫な歯を手に入れたからといって余裕を持ちすぎるのもいけません。 いくつになっても虫歯の可能性はありますので歯磨きは欠かさないように。


フッ素の効果

生えたばかりの乳歯、幼い未熟な歯を虫歯から守る方法はこまめな歯磨きだけでは 足りないと歯科医師はいうでしょう。 柔らかくておいしそうな乳歯を強固にする働きを持つフッ素を使うのも、健やかな 歯の成長を願うのなら考慮するべきです。 フッ素は歯の表面に塗布されることでその歯を虫歯の脅威から守ってくれる役割 を持っているので、虫歯になりにくく丈夫で健康な歯並びになりたいのであれば、 どんどん使って白い歯になってしまいましょう。 いつまでも白くてキラリと光る前歯を維持したいのなら、一度フッ素を施した程度で 満足してはいけません、もっともっと繰り返しましょう。 一度で充分な効果が得られるわけではなく、口内のフッ素濃度を常に一定以上保つ ことで歯医者さんも納得の素晴らしい効果を手に入れることが出来るのです。


何度もフッ素を

歯科医師の勧める虫歯予防の中でも代表的なフッ素ですが、歯科医院へ行って治療の 一環として塗布されたとしてもそれだけで対策は万全とはいえません。 お菓子を食べてそのままにしておけば虫歯になりやすいことは当然としても、フッ素 やったし歯磨きもしてるし完璧でしょ、と枕を高くして安眠するのはまだはやいです。 フッ素は1回の塗布で効果が持続するのは約3ヶ月とされているので、年に4〜5回 歯科医院で継続的にフッ素塗布してもらわなければ常に最高の口内状態を維持している とはとてもおこがましくて言えないのです。 塗布した直後はフッ素で守られて虫歯になりにくい状態としても、日数が経過する ごとにその状態は徐々に劣化していくのです。 歯医者に行くのは気が進まなく足取りも重くなるでしょうが、3ヶ月のカウントダウン が終わるまでには次の塗布のため勇気を出してデンタルクリニックへ行きましょう。