本文へスキップ

食後の歯磨きで虫歯予防すれば歯医者さんも定期健診だけで済みます。

糖分と虫歯の関係について紹介するサイト『お菓子→虫歯→歯医者?』

『お菓子→虫歯→歯医者?』ではお菓子を食べると虫歯になるのか考察します。

子供はお菓子が大好きです。そして、ほとんどの子供は歯医者さんが苦手です。
お菓子を食べたら虫歯になりやすいのでしょうか。歯医者さんに行くのは定期健診だけで済ませたいものです。

虫歯とお菓子

  • 日本では昔から親に、とくに父親よりも母親に砂糖の入った甘いお菓子は虫歯の原因 になるので子供にあまり食べさせたくないものだと語られてきました。 そして誰もが子供の頃には「虫歯になって歯医者さんに行くことになって痛い思いを したくなかったら甘くておいしいお菓子をあんまり食べないようにしないとね」 と耳にタコができるほどさんざん言われてきたことでしょう。 でもこれは正しいことのように思えても、実は迷信のようなものなのです。 糖分を口の中に長時間滞在させれば虫歯になりやすいのは否定できませんが、だから といってお菓子を食べることを否定するのはいささか短絡的な考えかもしれません。

糖分と健康

  • 虫歯の原因になる糖分は甘いお菓子だけでなく、普段のお食事にも含まれています。 なのでお菓子を食べていなくても食事のあとに歯磨きを怠っていると、それだけで 虫歯になって入れ歯のお世話になるかもしれません。 お菓子を食べないようにしたところで糖分抜きで生きていくことは出来ませんし、 食事をする限りは虫歯の危険から逃げることは不可能でしょう。 糖分を摂取できない人生ほどつらいものはありませんし、あなたの身体は常に糖分を 求めているのです。

糖分と歯磨き

  • 砂糖を食べると体の疲れも吹っ飛びますが、ボロボロになったあなたの身体を喜ばす 効果はそれだけではありません。 頭脳の疲れを感じたり集中力が途切れてきた危険な兆候が現れてきた場合にも、 砂糖をお腹一杯食べると瞬く間に明晰な頭脳を取り戻せます。 頭脳が疲労した時に効果があるのはブドウ糖で、これは砂糖に大量に含まれています。 つまり身体が疲れている時、脳みそが疲れている時にバツグンの疲労回復効果を持つ 砂糖を摂取すると、全身リフレッシュなのです。

虫歯とフッ素

  • 一年中24時間365日甘いものを食べているといつでも虫歯になりやすい状態 になるのは当然ですが、実は虫歯になりやすい時期というものも存在します。 多くの生物、植物や動物達と同じように歯も産まれたてが一番弱々しい時期で、 歯が生えてすぐの時期はとても虫歯になりやすく、守ってあげなければと抱きしめたく なるほど脆く壊れやすいのです。 この時期に歯磨きなど虫歯対策を疎かにしてしまうと、簡単にあっさり虫歯になって 歯医者さんに怒られてしまうので気をつけましょう。

ナビゲーション

歯科医師・衛生士を募集
あらい歯科(豊橋市平川本町)では求人情報をホームページに掲載しています。募集要項をご確認の上、お問合せください。
TEL:0532-62-1182(人事担当まで)
http://arai-dental.com/